代表挨拶

「グローバル環境」から感じる「デジタル化」

人工知能、デジタルトランスフォーメーション、リモートワーク・・・

その時々で、トレンドワードは変化して行きますが、ここ数年、巷間よく耳にするワードは、「デジタル化」に関連したものが多いように感じます。

しかし、あくまでも「トレンド」でしかなく、それを追いかけていても、何の変化を実感することができないと確信しております。

 

スタートアップ企業が、投資家からの賛同を得ることで、大きな流れを作り出し、「パラダイムシフト」を具現化しております。

今までの常識を覆すようなパラダイムを作り出すことが可能であることを証明してくれていると解釈しております。

 

トレンドワードを敏感に捉え、ゼロからイチを作り出すスタートアップ企業でなければ、「パラダイムシフト」を起こすことはできないのでしょうか?

そう考えるのは、少し乱暴であると考えております。

 

現在、弊社は、グローバル案件に関わる機会に恵まれております。

グローバルな環境でのビジネスに触れることによって、「デジタル化」の必然性を目の当たりにします。

 

一方、成熟した企業、業界の中からでも、「パラダイムシフト」を起こすことが可能であると感じることがあります。

今までとは違った視点・観点で、現状を捉えてみることにより、今まで見えなかったものが見えてくるような気がしております。

 

そのようなスタンスで考えると、身近にある問題を解決する方法は、一つではないことを思い知らされます。

 

「デジタル化」は、企業に対して、様々なメリットを提供してくれます。

「グローバル化」は、企業に対して、様々な選択肢を提供してくれます。

 

私たちは、時代の変化への適応を可能にするため、「デジタル化」・「グローバル化」の双方向からの解決策を求め、クライアントの「カスタマーサクセス」を具現化して参ります。



2021年6月15日

延寿堂株式会社
代表取締役 阿部 雄一郎
阿部雄一郎


どのような疑問にもお答えします。

アウトソーシングに関する不安など、様々な想いをお持ちではありませんか?
過去のアウトソーシングでのご経験など、お聞かせいただければ幸いです。
私たちは、エフェクティブな海外アウトソーシングにより、クライアントの問題解決をご支援致します。

IT Outstanding Partners
弊社は、ITOP - IT Outstanding Partners - ネットワークメンバ-です。