デジタル化・グローバル化の必然性

様々な企業が、求人情報をHPに掲載されているのを目にします。

同じように、パートナー募集や協働についての情報も掲載されています。

人材探しは、様々なポータルサイトを介して行うことができますが、企業と求職者がWin-Winの関係を築けるご縁に恵まれることができる確率は、高くはないと確信しております。

 

昨年からの世界的な騒動により、今までの常識に変化が起こりました。

今後、「雇用」に関しての常識は、まだまだ変化していくと考えます。

 

会社の規模を計るための材料として、「従業員数」が、重要視されてきました。

今後は、どのように変化していくのでしょうか。

 

リスクマネージメントの観点から、ビジネスパートナーとの協働による事業展開は、とても理に適っていると考えます。

いわゆる「ジョブ型」が主流になって行くのではないでしょうか。

 

では、雇用する形での人材が、どうしても必要な場合をどのように考えるか。

「雇用を考える前に、できることはないだろうか?」

 

問題を解決する方法は、沢山あることを実感しております。

 

「デジタル化」は、企業に対して、様々なメリットを提供してくれます。

「グローバル化」は、企業に対して、様々な選択肢を提供してくれます。

 

私たちは、時代の変化への適応を可能にするため、「デジタル化」・「グローバル化」の双方向からの解決策を求め、クライアントの「カスタマーサクセス」を具現化して参ります。